>

スマホを修理に出す前に心得ておくべき事

スマホの充電を長持ちさせる方法

スマホの充電を長持ちさせるコツは、1つ目が「画面の明るさを最大の明るさではなく半分くらいの明るさにする事」2つ目が「画面が自動的に消灯するまでの時間を1分や2分などにする事」3つ目が「Bluetoothを使わないときはオフにしておく事」4つ目が「位置情報は使うときのみオンにして使わないときはオフにする事」5つ目が「圏外の場所にいるときは機内モード設定に変更する事」などがあります。
この他にも高温の場所に置かないことや充電が満タンの状態での長期間の保存をしない事などがあり、スマホを長期間保存しておく場合は、充電を50パーセントくらいまで残した状態で常温で保存する事をおすすめします。
自動的に充電を節約できるよう調整してくれる節電アプリもあるので一度使ってみると良いかもしれません。

スマホを修理に出す前に心得ておくべき事

基本的にスマホを修理に出すとスマホが初期状態に戻ってしまいますので、個人のデータなどが消えてしまいます。
個人のデータが消えてしまう前に、SDカードに保存してデータのバックアップをとるか、Googleアカウントと同期してデータのバックアップをとるか、iPhoneの場合だとiTunesかiCloudと同期してデータのバックアップをとりましょう。
SNS系のアカウントについては、アカウントを作る際に設定したIDとパスワードが分かれば簡単に復元する事ができます。
iPhoneだとappleIDとパスワード、androidスマホだとGoogleのIDとパスワードなども復元する際に必要になりますので覚えておきましょう。


この記事をシェアする