>

スマホの歴史の始まりは1990年代から

OSやキャリアごとの種類

OSとは、スマートフォンの動かす上でなくてはならない基本ソフトで大きく分けてandroidスマホに良く使われている「android」とiPhoneに使われている「iOS」に分けられます。
この他にも「Symbian」や「BlackBerry」や「WindowsPhone」などのOSがありますが、現在あまりメジャーではありません。
通信サービスを提供している「au」や「docomo」や「ソフトバンク」などキャリアごとにも種類が異なります。
スマホと簡単に言ってもキャリアやOSなど様々な種類がありますので、スマホを購入する際はよく考えて自分に合ったスマホを選ぶことが大切かと思いますので参考にしてみてくださいね。

OSによって違うメリットとデメリット

androidのスマホを使用するメリットは、様々な国内メーカーや海外メーカーが製造しているので、「デザイン」や「性能」など自分に合った物を見つけやすく、自由度が高いため使いやすいです。
ガラケーに搭載されていた「おサイフケータイ」や「防水」などの機能を兼ね備えたandroidスマホが発売されているため、ガラケーの機能をそのままandroidスマホで使用したい方には大きなメリットかと思います。
デメリットは、androidスマホの機種によって操作しやすいものと操作しにくいものがある点です。
iPhoneを使用するメリットは、全体的に操作性に優れていて、定期的にOSのバージョンアップがされるためサポート体制が充実しています。
デメリットは、「ワンセグ」などの機能が使えなかったり、iOSは、iPhoneしか使用できないため、androidスマホに比べて種類などが選べない事です。


この記事をシェアする